So-net無料ブログ作成
検索選択

<冬のボーナス>12%減…最大の下落率 09年(毎日新聞)

 厚生労働省は29日、民間企業の09年年末一時金の調査結果を公表した。妥結額は平均72万6933円で、前年比は比較可能な1963年以降で最大の下落となるマイナス12.64%となった。14.33%の減となった09年夏季一時金より下げ幅は小さくなったが、不況の影響が尾を引いていることを浮き彫りにした。

 調査は資本金10億円、従業員1000人以上で労働組合がある企業を対象に妥結額が把握できた323社についてまとめた。要求額(239社)は平均80万9276円に対し、妥結額72万6933円。マイナス12.64%の下落率は02年のITバブル崩壊(マイナス5.88%)を大きく超えた。【東海林智】

【関連ニュース
ボーナス調査:夫の小遣いなし半数 へそくり18%減
冬のボーナス:主婦のへそくり、厳しい家計補う−−09年、保険会社調査
冬のボーナス:主婦の7割「減」−−みち銀が意識調査 /青森
所定内賃金:2年ぶり減 一般労働者平均26万8261円−−09年調査 /長野
冬のボーナス:平均58万7154円 前年比9万6751円減 /山梨

近づく“春” 熱海市でアタミザクラが見ごろ (産経新聞)
<納税者番号>省庁横断で検討会設置へ 菅副総理が報告(毎日新聞)
セグウェイ、特区で公道走行=前政権の却下案件も復活−政府(時事通信)
<沖縄連絡室>内閣官房に設置 普天間などで情報交換緊密化(毎日新聞)
円卓会議 政府が初会合 「新しい公共」の概念深める(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。